イベントは 終了 です

TPR公開オンラインミーティング

詳細

*本イベントは終了しました。ご視聴いただきありがとうございます

東京フォトグラフィックリサーチ
公開オンラインミーティング


【開催概要】
日時: 2020年5月5日(火)20:00〜22:00(予定)
会場: オンライン
参加: 無料(Peatixからのお申込み後、イベント開始までに視聴URLをお送りします)
定員: なし

モデレーター 
・小山泰介(写真家)
・山峰潤也(キュレーター)

スピーカー
・網守将平(音楽家)
・飯岡陸(キュレーター)
・砂山太一(建築家・美術家)
・谷口暁彦(メディアアーティスト)
・田村友一郎(アーティスト)
・築山礁太(写真家)
・永田康祐(アーティスト)
・萩原俊矢(ウェブデザイナー/プログラマー)
・橋詰宗(クリエイティブディレクター/グラフィックデザイナー)
・細倉真弓(写真家)
・水木塁(アーティスト)
・三野新(写真家・演出家)

TPR事務局
・織田笑里(プランナー)
・深井厚志(編集者)


ステイトメント:
TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCHは、写真家やアーティスト、キュレーターなどが集まり、2019年から13組のアーティストの作品をオンラインで継続的に公開していくプロジェクトとしてスタートしました。東京オリンピック・パラリンピックを控え、急速に進むスクラップアンドビルドと、5Gでさらに情報化が進む都市の様相を見据えたものでした。

しかし、奇しくもちょうど半分を終えた折り返し地点の中、この新型コロナウィルスによる状況が起こりました。この出来事は、肥大化し続けなければ継続不能な資本主義の脆弱性を示し、テクノロジーの発達がパンデミックの世界的拡散の温床となり、何よりも痛烈な人新世となりました。

また、現実的なレベルでは、美術館や劇場といった公共性を持った空間が封じられてしまったことにより、文化を取り巻く生態系が遮断され、その存続が危機にさらされています。これらの状況、モダンからポストモダンへと移行したといいつつも、場や空間の持つモダニズム的権威性を軸として文化が成り立ってきたということを逆説的に証明してしまったのではないでしょうか。

モダニズムの崩壊は、その反動であるポストモダンも巻き込んだものであり、この状況は、ウィズコロナ、アフターコロナ、という時代に対して、生きるための新しい思想が必要だということを示しているのかもしれません。
TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCHのメンバーが集い、こうした時代の転換期にむけたディスカッションを行います。


■事前アンケートご協力のお願い
参加お申込み後、アンケートフォームをお送りいたします。ご視聴される皆さまのご関心、ご意見をお寄せください(回答は任意です)。公開オンラインミーティングのトーク/ディスカッションに活用させていただきます。

■TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCHとは
2020年代を迎えた「東京」を舞台に、最先端の写真/映像表現を通じてまだ見ぬ都市と社会と人々の姿を探求し、ここから見出されたヴィジョンを未来へ受け継ぐことを目的としたアート・プロジェクト。発起人である写真家の小山泰介とキュレーターの山峰潤也を中心に、写真家、現代美術家、建築家、メディアアーティスト、音楽家、デザイナー、プロデューサー、編集者など20名超の有機的なアート・コレクティブによって、ウェブプロジェクトや展覧会、トークイベント、リサーチプロジェクトなど多様に活動を展開しています。
https://www.tokyophotographicresearch.jp/
追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#570872 2020-05-05 14:07:35
過去の更新
2020/05/05 (火)
20:00 - 22:00 JST
カレンダーに追加
会場
オンライン
チケット
視聴権 満席
主催者
VISIONS by TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH
フォロワー数: 179
参加者
182

PRおすすめ情報

  • 【Peatixクーポン】すぐ使える!お得なクーポンを提供中!

  • 8割の人はお安くなっている自然電力のでんき。Peatix限定で6,000円割引

  • タクシー配車アプリ「MOV」最大1,000円分の割引クーポン!

  • NewsPicksのオリジナル記事・動画が見放題のプレミアム会員が30日間無料!

  • 【新規登録限定】最大14,940円OFF!転職サイト「ビズリーチ」

  • [特集]トレンドを学ぶ、自分を磨く。ビジネスセミナー・イベント情報